私たちがお客様とつくりあげてきた“住まい”。
その一部をご紹介します。

注文住宅

タイルとスチールの質感がクールな空間NEW

ビンテージな雰囲気が素敵なこの新築一軒家は、お施主様にご用意頂いたイメージ画像やこだわりの空間計画に、弊社営業担当がコストを織り込みながら舵をとり、設計担当が経験や実例を踏まえスケッチや写真・パース等でプランを固める作業から始まりました。弊社基本仕様の耐震ダンパーを搭載した長期優良住宅は、阪神大震災を経験されたお施主様にとって地震対策と税制優遇の面でこだわりポイントのひとつでした。その他ご要望のスキップフロアや、フラットバルコニー、吹抜けのリビングをアイアンの窓から見下ろせる3階の子供部屋等、個性豊かな立体的空間を造り上げています。お施主様ご自身で用意下さった個性的な照明や鏡、タイル柄の壁紙等を含め、工事監督を筆頭に様々な職人が丹精込めて施工した注文住宅です。

建売住宅

上質でゆったりとした空間

東急田園都市線・東急世田谷線の2路線3駅利用可能な好立地にある一軒家。有効2.8m以上のゆったりとした幅の敷地延長は、2台分の駐車スペースとしての役割も持っています。約50坪という都心では比較的広めの土地を活かし、ゆとりあるコンセプトで設計され、約26帖の広々としたLDKや、ウォークインクローゼット、シューズクローク等、大容量の収納スペースでゆったりとした間取りの住宅になりました。ご購入頂いたお客様も、この収納スペースの豊富さを大変気に入って下さいました。内装は白を基調として、玄関やリビング、主寝室にはアクセントとして素材感あるエコカラットを使用することにより、柔らかく上質感漂う印象に仕上げてあります。

注文住宅

こだわりのディテールを詰め込んだ空間

ご実家の屋根を再現した個性的な外観の一軒家は、構造設計士であるお施主様ご自身が設計されたもの。玄関を入ると正面にアイキャッチとして、絵画を飾るためのニッチを造作し、雰囲気ある玄関ホールを演出しています。また玄関上部は吹抜けになっており、トップライトを設けることで解放感あふれる空間になりました。折り上げ天井や間接照明による効果的なライティングが映えるリビングや、無垢のフローリングと、同材で作った家具、桧貼りの壁とモザイクタイルの浴室等、こだわりが詰まったデザインになっています。設計者であるお施主様のイメージを崩さないよう、当社の技術と詳細な打ち合わせを重ね、丹精込めて施工いたしました。

建売住宅

緑に包まれた開発分譲住宅

角地にあり、緑地に隣接した日当りのよい全6棟の分譲住宅。各戸のプランを大事にしながらも統一感のある美しい街作りをコンセプトに、私道を囲むように6棟が配置されています。各戸にシンボルツリーとしてシマトネリコを植樹し、外構全体で季節感が味わえるよう常緑樹と落葉樹をバランスよく配置しました。淡い緑色のモザイクタイルを貼った共通の門柱、赤味をおびた乱形の石を使用した外構で一体感を作りつつ、公道側の棟と奥の棟で、外壁タイルの色を変えることで街並としてのメリハリをつけています。公道側の角地2棟は建築面積の緩和を利用してビルトイン駐車場に加え、1階リビングと落ち着いた色の内装、真ん中2棟は2階リビングと落ち着きある色の内装、奥2棟は2階リビングと明るい内装と、6棟それぞれの敷地条件を活かした間取りとインテリアになりました。

リフォーム

家族がいつでも集う空間

閑静な住宅街に佇む邸宅。築30年近く経つ家は、子供たちの独立で、五人暮らしから夫婦二人住まいへ。子供たちは独立してそれぞれの家庭を築いていますが、孫も連れて遊びに来たときに、みんなで過ごせるスペースをつくることが、今回のコンセプトでした。部屋を分断していた大きなキッチンは、コンパクトで使い勝手の良い使用に変更。LDKが一つの大きな空間に変わりました。まっすぐ外に向かった間接照明が光のラインを形成し、外部のテラスまでもが一体の空間に思えるように演出し、広い空間を創作しました。小さく部屋割りされていた家が、「みんなが集まれる空間」と生まれ変わりました。

リフォーム

開放感ある“光”の空間

赤坂にあるマンション。新築時からある設備は古さを隠せずにいました。それを、床や間仕切り壁を含む大半を解体撤去し、躯体だけの状態に。コンセプトは「物を一切出しておかない、見えない」。玄関を入ると、白い壁とドアが統一感をもたらし、まっすぐ通った空間が広がります。リビングは窓からの陽ざしが明るい空間をつくり、ルーフバルコニーをウッドデッキにすることで、リビングのフローリングとの統一感が、より広さを感じさせます。フルオーダーのキッチンは、物を出しておきたくないという要望に応え、あらゆる収納スペースをつくり出しました。リフォームを終えた室内は新築マンションを凌駕する仕様と空間に生まれ変わっています。

リフォーム

外光と照明でつくる暖かな空間

建物の経年にともない、時代に合わなくなった機能や性能を、一新し、全面リフォームを行いました。生活動線や、光と風の通り道を考慮した設計にしています。住宅設備である、キッチン・洗面所・お風呂も全て最新の機能に交換。また、ライトの配置にも工夫をこらし間接照明による暖かい光の演出を試みています。壁は、ダークブラウンのアクセントをつけメリハリあるLDKに仕上げました。床の色目を若干濃くすることで、部屋全体に統一感のある高級感をつくり出しています。外光を取り入れられるような間取りを考え、新築時には難しい個性ある廊下やLDKの中心にあるL型キッチンでインパクトのある部屋となりました。